【希望】一度身に付ければ一生モノのスタディスキルを手に入れる

ガリ勉も学習法の一つです。ただひたすら努力を重ね苦難を乗り越えて初めて修行の結果を勝ち取ることができると考える修行僧による勉強法でしょう。しかし、これは現実的に無理ではないでしょうか。時間は限られているのであり、学習のために使用できる時間はさらに制限的です。時間が少なくてよい、あるいはせめて有効活用できることが必要でしょう。

学習の負担を軽減する事が大切です。学習は苦しむことが目的ではありません。学習によって成果が得られなければ、それは意味がありません。苦しむような学習法、成果を得られない学習法では役に立たないということになります。できれば楽しみを見いだせることと、成果を得られることとが学習法の課題になります。学習法を身に付けるために苦労することも困るのです。

専門的になりすぎてしまうと、学習法を身に付けるために数ヶ月にわたる修行が必要になる可能性もあります。このような学習法は新たな負担を生み出していると言えるでしょう。専門的な能力を必要とする学習法にはこの傾向が強く出てしまいます。例えば、記憶術と呼ばれる分野があります。これを身に付ければ学習が圧倒的に負担は軽くなるでしょうが、記憶術を身に付けるために別の負担を強いられることになってしまうでしょう。

特別な技能を必要としないという要件は、別の要件にも影響を与えます。高齢化することによる問題に対抗できるということになるのです。学習法の訓練を受けずに年齢を重ねてしまった場合、年齢による不利益が学習効率を低くしていることが考えられますから、特別な技能を必要とする学習法を中高年者が身に付けることには負担が大きいのです。

高効率学習法は特別な技能ではありません。人間が本来持っている能力を組み合わせているに過ぎないのです。ですから、特別な技能を要求していませんので、高齢者であっても活用する事ができるようになります。もちろん若い間に習得できれば、その後の学習はさらに楽になり、生涯に渡って活用する事ができる技術だということになります。

学習は記憶のことではありません。記憶して終わりではないのです。記憶する事で考える材料を獲得するのです。考えることで、問題を解決できるということが最も大切な目標なのです。ということは学習する範囲は、記憶から思考、問題解決までを含みます。幅の広い範囲を持った技能だということになります。今日から実践できる高効率学習法の成果を確認することで、すぐに始められるということもメリットの一つでしょう。

高効率学習法を応用する事で、40歳を過ぎてから始めた囲碁でも1年で初段は可能です。フランス語の新聞を読めるようになるまでに初めてから半年というのは如何でしょうか。ドイツ語の単語を1ヶ月で2000語を記憶するというのは難しいでしょうか。太極拳を初めて3年で国際大会の金賞受賞という成果も挙げておきましょう。これらの習得と成果はすべて高効率学習法の応用によるところが多いのです。

中学の時代に学習効率の問題を意識し始めました。当時はそのような問題を考えるだけでナンセンスだと周囲に批判されたものです。しかし、社会人になってからコンピュータの勉強が必要だということになって、学習効率を最大限にする方法を工夫し出したのです。そして高効率学習法は実際の生活の中で力を発揮することを体験し続けているのです。生涯にわたって役に立つ学習法になったと言えないでしょうか。